勝者名監督,敗者被開除
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長監督側寫(一)
2007年03月31日 (土) | 編集 |
長今天很晚回家(或者應該說很早回家),他去地下城煮湯,剛進門。

時間是三點整,一分不多一分不少,可以看的出他很累,不過很愉快,臉上是帶笑的,是一種帶著輕鬆的笑。

好在我先幫他弄了衣服,不過他落東落西的,導致很多衣服都沒有弄好。新家沒有完全整理就會這樣,看來得真的找一天空出來,押著長整理。

長剪頭髮了,毫不令人意外的短髮,不過似乎比以前剪的更短了些,之前的髮型抓起來有點松坂大輔的感覺,現在則是另外一種感覺,不過很適合,或許長就是適合短髮,很難想像他長髮披肩的樣子。

先打發長去洗澡,長身上淡淡的散發著溫蒂的味道,溫蒂是長的髮型師,很美帶著一股氣質,我想是一種藝術家的感覺。手藝不錯,收費合理,今年開始長的頭都是交給她打理的,很讓人放心。

長洗完澡後,倒在監督躺椅上,很快的就不醒人事,他臉上顯露著疲憊,鬍子又忘記刮,幾個小時後一大早七點多就要出門上班,據說是代自蓉姊打理三館,很令人心疼。

不為自己著想的笨蛋,也只有他會這樣。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。